google
各エリアの特徴
アパート,コンドミニアム検索
バンコク生活情報
よくある質問にお答えします!
Silom (シーロム)
シーロムには有名な歓楽街パッポンや日本人用のカラオケ店が集まるタニヤ通りなどが有名ですが、昼間の顔はオフィス街として賑わっています。観光客が多いエリアでシーロムから別れるソイにはアパートが点在していますが、日本人用の住居としては単身者に以外にはおすすめ出来ません。
SuriwongまたはSurawong (スリウォンまたはスラウォン)
シーロムと平行して通っているスリウォンはチャオプラヤ川沿いまで続く長い通りです。日本人向けの住居などは特にありません。日本人はプーパッポンカリーで有名なソンブーンなどお食事などで行くことがある通りでしょう。また、タニヤ、パッポンの入り口もあり、その辺りは夕方から大変な賑わいを見せています。
Sathorn (サトーン)
三菱東京UFJ銀行やCiti Bankがあるオフィス街です。高級サービスアパートやコンドミニアムが点在していますが、単身者向けの物件と言えるでしょう。 ソイの入り口、出口は夕方にひどい渋滞になります。
Sala Daeng (サラデーン)
サラデーンには多くのアパート、サービスアパート、コンドミニアムがあります。また、駅も近いため利便性は悪くない通りです。サラデーンにあるサービスアパートの多くはデイリーの宿泊客がほとんどであり、アパートというよりホテルです。人の出入りも多く、住居としては落ち使いないと感じられる方も多いでしょう。
Suanpulu (スアンプルー)
以前、タイ入国管理局があったソイです。今ではこのソイに住んで居る方でない限り在住者が行くことは無いソイと言えます。
Naratiwart (ナラティワート)
サトーンから別れる大きな通りで、ラマ3世通りにつながっている通りです。2010年から専用車線を使用する路線バス交通システムBRTが開通したので、比較的行きやすくなりました。ナラティワートのソイ24にはChatrium SathornやBangkok Gardenをはじめ、良質なアパートが点在しています。
Convent (コンベント)
シーロムからサトーンへ続くコンベントにはおしゃれなカフェやレストラン、ローカルなタイ料理屋などがあり、便利でにぎやかな通りです。日本語が通じる病院、BNHホスピタルがあるソイとしても有名です。
Pipat (ピパット)
シーロムからサトーンへ続くソイです。いくつかのアパート、コンドミニアムが点在しています。 基本的に日本人のご家族向け物件では無く、西洋人向け、単身者向けの物件が中心となります。
にこにこ河邊Webサイト内に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は承諾なしに無断転載することはできません。
Copyright 2011 にこにこ河邊