google
よくある質問にお答えします!
バンコクの不動産仲介業社には日本人スタッフが居ないいわゆる“タイ系業者”もあるニャン。タイ系の業者はオーナーとお客様が揉めた時に必ずオーナー側に付くので利用を避けたほうがいいニャン。
不動産屋を選ぶ際のポイント
バンコクにはたくさんの不動産仲介業社が存在しますが、 多くの業社はとてもいい加減でアフターサポートを行う会社としての能力(体制)を有していません。 また、老舗や大手、日本に本社を持つような業社であっても担当の営業スタッフによりご入居後のサポートも大きく変わって来るでしょう。 問い合わせメールの返答が2〜3日かかるような業社は避けたほうが賢明です。
問い合わせメールの返答程度で時間がかかるような業社はお部屋の問題があった際にも迅速に対応する能力が無いということになります。 店舗をかまえている不動産業社でない限り、実際のお部屋を見学する時に担当の営業スタッフに初めて会うことになります。 勤続年数、アパートに関する説明が実体験に基づくものなのか?噂レベルの話や先輩社員からの受け売り程度なのかも見極めましょう。
不動産屋のサービスに関して
かつて、プラチナハウジング、BJJという業社がありましたが、 これらの業社はお客様に高額な現金のキャッシュバック、高価な家電などを差し上げる過剰なサービスを行っておりました。 しかし、これらの過剰なサービスは必ずお客様に返って来ることとになります。 お部屋の問題時に料金の発生する対応をオーナーが行わない場合、 きちんとした仕事をする不動産仲介業社であれば自らエンジニアや部品の料金を負担し、対応することが多々あります。 前述のように過剰なサービスを行ってしまうと、不動産仲介業社が料金を負担して対応する必要がある時に既に支払うべきお金が無いということになりますので、 過剰なサービスを行う不動産仲介業社には細心の注意が必要です。一般的なサービスとしては引っ越し代金を不動産業者が負担するというのがあります。
にこにこ河邊Webサイト内に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は承諾なしに無断転載することはできません。
Copyright 2011 にこにこ河邊