google
バンコク生活情報
タイ語のあいさつはこの様に手を合わせ男性の場合は“サワディー・クラップ”
女性のあいさつは最後の部分が変わり
“サワディー・カー”と言うんだニャ。
ちなみに猫の場合は…
“サワディ〜・ニャ〜”にニャります♪
バンコクの基本情報
バンコクはタイの首都として東京と同等程度の発展を遂げており、いまや発展途上国とは言えない先進都市である。バンコクとは通称であり、正式名称はとても長く、タイ人でも言えない人が多い。現地では正式名称の最初の部分であるクルンテープと呼ばれる。
バンコクと日本には多くの航空会社が直行便を就航しており、成田空港からのおよその飛行時間は5〜7時間。 2011年からは羽田空港からの直行便も就航しており、日本からの旅行者、在住者にとって更に便利になっています。 使用言語はタイ語となり、日本語はもちろん、英語もあまり通じません。
バンコクの気候

タイは、国土の大部分が熱帯モンスーン気候に属しています。タイの一日の最高気温は30〜35度と、1年を通して日本の夏のような気候が続きます。従って、日本の夏と同じ様な服装が良いでしょう。ただし、デパート、映画館、長距離バスの車内などは冷房が効きすぎていることが多いので、軽く羽織る事の出来る長袖の服を持っていくことをお勧めします。

◆1〜3月のバンコクの気候
乾期となり、湿度が低く過ごしやすい時期になります。12月後半から1月後半の朝晩は肌寒さを感じる事もあるでしょう。3月中旬以降になってくると時々夕立が降り始めます。

◆4〜5月のバンコクの気候
暑期となり、湿度も高くなっているため、過ごしずらい季節になります。時間に関係なくスコールが降ります。5月中旬からは雨季となり、長時間雨が降り続くこともあります。

◆6〜10月のバンコクの気候
タイは雨期となり毎日のように雲が空を覆います。雨は毎日のように降りますが、基本的にあまり長くは降りません。いつ雨が降るか解らないので、雨具を常備しておきましょう。9月下旬から10月中旬は雨期の終わりにあたるので、連日大雨が降り、日本では見られないような水たまりが出来ます。

◆11〜12月のバンコクの気候
タイは乾期に入りますので、湿度が低く過ごしやすい時期です。朝晩は肌寒くなることもあります。乾季の間、雨はほとんど降る事がありません。

時差について
タイと日本には2時間の時差があります。日本の方が2時間早く、日本の正午がタイの10:00となります。またサマータイムはありません。
電圧について
タイの電圧は220Vで周波数は50HZですから、日本の100〜110Vの電化製品を使う場合には変圧用のコンバーターを購入しなければ使うことは出来ません。またプラグ形式については、日本と同様のA型タイプをはじめ、BFCといった2つ穴タイプ、3つ穴タイプの日本とは違ったタイプがあります。ホテルなどではA型プラグも使えるようになっていますし、洗面所には電気シェーバー用の110Vのコンセントが備え付けられているところもあります。変圧用のコンバーターは、バンコクだと伊勢丹等で手に入れることもできますが、スクムビット・ソイ49入口のリサイクルショップ、フジスーパー2号店の上にあるビデオ屋(トムヤム)で安く購入出来ます。ノートパソコン等を日本から持ってきて使う場合には、殆どの機種がそのまま使えるようになっていますが、念のためにリチャージユニットの表示が100〜220V又は100〜240Vになっているのを確かめてから使うようにしましょう。
にこにこ河邊Webサイト内に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は承諾なしに無断転載することはできません。
Copyright 2011 にこにこ河邊